101年倶楽部にようこそ!!

『学び』で自分資産を蓄える集団!

 

101年倶楽部に起こしいただき、ありがとうございます。

共同代表の米山智裕と申します。

 

101年倶楽部は、『資産』を形成する集団です。

ただし、資産とは金融資産ではありません。

 

101年倶楽部での資産とは、「自分資産」を指します。

スキルや経験を通して、自分で人生を切り拓いていく力を磨いていく。

この力が増せば増すほど、「自分資産」は増えていくと考えています。

 

では、どうすれば人生を切り拓く力を磨くことができるのでしょうか?

それはたった1つ、「学び」です。

 

学ぶ→行動する→気づく→自分資産となる

この「自分資産サイクル」をどんどん回していくことで、人生を切り拓く力は磨かれていくのです。

 

しかし、「学び」の対象は人によってさまざまです。

対象がさまざまであるということは、ひとりでの「学び」は偏りを生む危険性があります。

 

これでは、「自分資産サイクル」を効果的にまわしていくことができません。

どうすれば効果的にまわすことができるか、たどり着いたのが「学び合う」仕組みをつくるということです。

 

さまざまな「学び」を追求する人同士であつまり、お互いの「自分資産サイクル」をぶつけ合うのです。

そうすることで、新しい学び、新しい気づき、新しい手法を吸収することができます。

 

結果、自身の「自分資産サイクル」を効果的に、より強力にまわしていけるようになるはずだ。

こう考えて、「101年倶楽部」を創設しました。

 

◆101年倶楽部の運用コンセプト(2017.08月現在)

 

【株×読書】「自分資産サイクル」をまわす2人

共同代表を務めるのは、石澤貴宏と米山智裕のふたりです。

石澤は、株を通した「学び」から、自分資産サイクルをまわしています。

(石澤の思い→学びのヒミツ結社「101年倶楽部」

米山は、読書を通した「学び」から、自分資産サイクルをまわしています。

(米山の思い→101年倶楽部=読書を問題解決に昇華させる集団!

 

上述したように、「学び」の対象は、まったく異なる2人です。

ですが、そこから「自分資産サイクル」をまわし、「自分資産」を形成していくとアプローチは一致しています。

 

ふたりの雑談の中で、

「自分資産を形成できる力は、これからの時代にますます重要になるんじゃないか」

「お互いの『学び』をぶつけるだけでこれだけでおもしろいんだから、集団にしたらもっとおもしろいんじゃないか」

こんな話から、101年倶楽部は始動しました。

 

あなたオリジナルの「自分資産サイクル」を構築してください!

101年倶楽部は、「学び」合う集団ですが、セミナーやオンライン講座のような「学ぶ」ところではありません。

あくまで、あなたオリジナルの「自分資産サイクル」を構築する場所になります。

 

参加者それぞれがもっている「学び」をぶつけ合うことで、「学び」の質は高まります。

「学び」の質が高まれば、自分資産を形成しているサイクルの質も高まります。

 

その結果、人生を切り拓いていく力が磨かれ、人生をどんどん楽しくしていくことができるようになるのです。

そのためにも、この「101年倶楽部」をぜひ使い倒しに来てください。

 

101年倶楽部の中にある「学び」を、あなたの人生に役立てください。

101年倶楽部は、あなたの「学び」が加わることを待っています。

 

「学び」合うことで、自分資産を形成するサイクルを回し、人生を切り拓いていく力を磨く。

その先には、わくわく楽しい人生が続いていきます。

 

101年倶楽部への参加を、お待ちしております。

 

代表挨拶にかえて

石澤貴宏  米山智裕

 

◎お申し込みはこちら(下記画像)をクリックください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします